一行詩

  

けはいを察して「さびしい」と背をにぎる 。

 

【投稿者】 亀五郎

*投稿作品のindexに戻る*