無題

 

 

釣銭を受けたとき わずかに指が触れて ひとりよがりの存在の喜び

 

 

【投稿者】 睡雲 

*投稿作品のindexに戻る*