5才の時のように

 

ppp session begin

lololololololo........lololololo..........lo......

lolololololololol...........lolollolololo.......

 

10 俺は青森の山の中に住むクマだ。

人間風に言えば。

20 ネコとかネズミとかリンゴを食べて生きている。

人間風に言えば。

30 この場を借りて俺の想いを告白させてくれ。

40 この間、俺は鉄砲で討たれた。

50 理由は、俺が里に下りてリンゴの実を食べたからだ。

60 俺を討った人間は田中といった。

70 人間の世界では俺は悪者だ。

80 畑を荒らす無法者といわれているらしい。

90 最近じゃ山の中にまで監視カメラが置いてあって、

人間は俺達クマを撲滅させようと必死だ。

 

100 俺達クマとあんたら人間は会話ができないから、

110 言葉がしゃべれない俺達クマが悪者ということになっているけどね、

120 だけど最近PCマインドスピーカーっていう便利なものが出来て、

想ったことを人間の言葉に翻訳してくれる。

人間もたまには役立つものを作る。

130 おい、人間。おまえらリンゴが自分達のものだって勝手に思うなよ。

140 おれたちクマが畑のリンゴを勝手に食べる悪者っていうけどな、

150 そもそもいつからそのリンゴがあんたらのものになったんだよ?

160 開発開発って、道に石を流しこんだりリンゴでかくしたり

羊とヤギくっつけたりよ。

170 このリンゴは俺達のものだって勝手に紙に書いて決定しやがってさ。

ここのリンゴは山崎さんのリンゴでここのリンゴは田中さんのリンゴだって

180 知らねえよ!!俺達そんなことは!!

190 ただ木に赤い実がなってたら、それはリンゴという

おいしい食べ物だって、俺達が知っているのはそれだけだ!!

200 それが人間の田中さんのものだとか、人間の山崎さんのものだとか、

210 知らねえよ!!俺達そんなことは!!

 

220 この間、俺は人間に討たれた。その時も人間は怒っていたけど、

230 理由が解らないのに反省しようがないだろ!!

240 俺が知っているのは、木に赤い実がなってたら、

それはリンゴというおいしい食べ物だっていうことだけだ。

それ以上のことは知らない。

250 それで鉄砲の玉が尻に食い込んで痛かったけど、

その鉄砲の玉もどうせ田中さんだか渡辺さんだかのものなんだろうけど、

知らねえよ!!俺達そんなことは!!

260 それで動物愛護団体とかいう人間の群れがやってきて、

俺に針を刺したり薬を塗ったりした。

270 俺達クマ仲間じゃあ人間は百獣の王っていわれているけど、

280 昔はライオンがそういわれていたんだが、

290 ライオンだって、世の全てのリンゴを一人占めしたり、

全ての道を彼等が通りいいように作りかえたりしなかった。

300 食べ終わった食べ物の滓くらいは他の生き物に

やっていたものだけどな。

310 人間は食べ終わった食べ物までビニールにくるんで、

どこかへ持っていってしまう。

320 そのビニールに食い付く生き物は見張っているヤツが追い払う。

網までかける。

330 そのビニールには「地球にやさしく」だとか書いてある。

340そうやって他の生き物を絶滅においやって

350 絶滅寸前の生き物には「慈悲を」とかいって研究所まで作って

生き延びさせようとする。

360 親から聞いたけど、人間の世界には「善」とか「悪」とか「徳」とか

「罪」っていう考えがあるんだそうだ。

370 それがどういうものか俺なんかにはわからないが。

380 それで俺達クマはどうも、その「悪」っていう存在にされているらしい。

390 ただわかって欲しいことは、

400 俺達に分かっていることは

木になっている赤い実はおいしくて栄養になるっていうことそれだけなんだ。

410 腹が減ったら栄養のあるものを食べれば元気になる。

それだけなんだ。

420 それだけはわかって欲しいよ。

430 「徳」とか「罪」とか高級なことが解る生き物ならさ。

 

ppp session end

lololololo........lo........lolololololol.......lo

 

 

【投稿者】エレキペン

*投稿作品のindexへ戻る*