「響き」

 

空を見上げた時のすがすがしさの中にも

海を眺めた時のそのおおらかな気持の中にも

 

私の心は響く

言葉にできない 深遠なるものに

 

君の輝くような笑顔の中にも

その悲しみを憂える優しさのひとみの中にも

 

私の心は響く

その深遠なるものに

 

きっと宇宙も人も

同じ響きを持っている

 

その響きに触れた時

生きていることの素晴らしさを

感じることが出来るのだろう

 

今日も私は生きている

その深遠なる響きを感じるために

 

そして明日も私は生きていく

その響きを感じさせる人となるために

 

【投稿者】 いるか

*投稿作品のindexへ戻る*