ほくろ

 

 

娘が産まれた。
先生(お医者さん)の気まぐれで、出産に立ち会った。

「よければ、奥さんの手をにぎってあげて・・・」

心の準備もないままに、出産に立ち会った。

「もうすぐでてくるからね」

先生は妻の出産が終わると京都の学会に出席する為に出て行く。

「ほら、頭が見えてきた」

患者さんは、妻以外にはいない。
先生が大きな病気をしてから入院患者はとらないでいたのだが
嫁のコーラス仲間なので、お友達出産をお願いした。

「だんなさん、多めに縫っておくね」

冗談ではよく聞く話であるが、
本当にその場でいわれた事のある人はほとんどいないと思う。

「五体満足、元気な女の子ですよ」

足に大きなほくろが・・・

「これは、血の固まりですよ」助産婦さんが言いました。

よかった。

「ほくろは、胸にありますよ」

大きなほくろが胸に・・・
嫁も嫁のお母さんも頭の毛に隠れて目立たない所に大きなほくろがあります。
少し場所がずれたようです。

娘よ、そのほくろを知る男がお前を大切にしない男ならば
ほくろの存在を知るべき男ではないんだ。
本当に大切にしてくれる男だけに、ほくろの存在を知らせなさい。

 

お前の誕生を思い出すと神聖な気持ちになる父より

  

 

【投稿者】 たぬきのまっさん

*投稿作品のindexへ戻る*