涙について

 

 

涙は尊いものだと思っていた
頬を伝うその雫は宝石のように価値のあるものだと思っていた

 でも何時からか、何時でも流せるようになっていた
ストレスを発散させる道具になっていた

 ずっと、一人で泣ける空間が欲しかった
でも、やっと手に入ったのに、
一人で安らげる場所ができたのに

それはだんだん美しさを失っていった
ほとんど毎日泣いていて、信じていたものが薄汚れていった

 確かに子供の頃よりも出来る事が増えている
昔に戻りたいなんて思わない
けど、反比例するように、
信じていたものも少しずつ減っていった

 これがオトナになる事なんだろうか? なんて
思っていたりする今日この頃なのです

 

 

【投稿者】 ちび豆

*投稿作品のindexへ戻る*