優しさ

 

 

 

きんいろの 朽ち葉
自転車のかごにそっとねむっている。
ひとをおそれず 小鳥は
生きるため めぐんで貰えそうな匂いに
小枝をとまりぎに
低空飛行を繰り返す。

わたしは優しく無いので
かかとの音色を
オクターブ上げて 小鳥にNOと示唆する。

小鳥は
なにひとつ わかってはいない。
胡桃の実のような
つぶらなひとみをうごかし
もういちど舞い降りる。

優しいのは
柔和な石像の天使。

優しいのは
翻る
レストランの窓辺の
お子様ランチの旗。

優しいのは
保育園からきこえる
唱歌のあどけなさ。

 隔離された広場の
自転車置き場で
わたしは
優しくないと
呟いた

 

 

 

【投稿者】 星粒

*投稿作品のindexへ戻る*